おすすめの翻訳会社ランキング

HOME > 英語の翻訳について > 翻訳依頼する際に比較したい要素

翻訳依頼する際に比較したい要素

 社会全体の国際化が進むにつれて、日々の業務に必要な言語も多様化しています。従業員の英語教育などに力を入れている企業もありますが、日常でやり取りする契約書や資料の翻訳では間違いは許されません。
 特に機密情報保持契約や業務契約、サービスの諸規約、免責事項などはプロに訳してもらう必要があるでしょう。場合によっては、複数言語に訳す必要が出てくるかもしれません。
 例えば、子会社や提携工場などがアジアにある場合などは、書類や資料もその土地の言語で記されている方が、より効率良く業務を進めることができます。
 業務上のコミュニケーションを円滑に進めるためにも、取引先に合わせた言語での文書準備は重要と言えるでしょう。


 プロに依頼する場合、文字数や言語、訳す文書の種類によって料金は様々です。こちらのサイトでは、各翻訳代行業者を比較し、ランキング形式で紹介しています。
 どんな言語に強いのか、どんな文書のタイプに強いのかなど、各社の強みやメリット、実績などを比較検討することができます。
 料金や実績、納期なども含めて比較することができるので大変便利です。各社の実績を見ることで、自社の業種、取り扱いサービスに類似したものがあれば、確実性が容易に想像できるため、その点も大きな検討材料になるはずです。
 行政に届け出るような公的文書が必要な場合には、その分野に特化した代行業者や、実績のある業者を探すことができるでしょう。
 依頼する業者を選ぶ上で、チェック体制も重要です。業者内でネイティブチェッカーによる二次チェックはあるか、さらに日本人チェッカーによる三次チェックはあるかなど、業者によってチェック体制は様々です。
 チェック体制がしっかりしている業者ほど、内容の完成度と確実性は高いと言えます。


 料金も言語によって異なる場合が多いのが現状です。世界的な共通言語として、話者が多い英語は翻訳者の数も多く、どの代行業者においても実績数も多く、安定したクオリティを維持できる言語です。
 それだけに、チェッカーの数も十分いるため、誤訳などのミスも少ないと言えます。一方、多言語の場合、言語によっては対応できる人員が少なく、当然料金も割高になってきます。
 人員数によっては、納期も通常より待たされる場合もあるかもしれません。代行業者がどんな言語に強いのか、どの程度対応できる人員がいるのか、さらにその料金も含めてサイト上で比較することをおすすめいたします。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP