おすすめの翻訳会社ランキング

HOME > 英語の翻訳について > 専門業者に依頼する場合の英語の翻訳の注意点

専門業者に依頼する場合の英語の翻訳の注意点

 英語の翻訳では、ビジネスなどで専門業者に依頼する場合も多くなります。英語の書籍の場合もあるでしょうが、ビジネスで輸入品を日本語で広告を作ったり、宣伝したりする場合に必ず必要な作業になります。
 商品によっては、色々な販売での法律上のきまりもあり、許可を得る必要もあり、なかなか厄介でもあります。その場合に英語のままでは、販売なども無理なので専門業者に依頼をして、日本語で理解できるように対処します。その場合に重要なのが専門業者の選び方です。日本語でも同じですが、どの日本語でも良いということでもありません。売れるための言葉にしなければならないということや、専門分野があり、その分野に強い業者もいます。専門分野が違うと翻訳はできていても、ビジネスでは使えないということもあるからです。ですので過去の実績を調べて依頼するということが必要になります。


 英語の翻訳は実績豊富な専門業者に依頼する

 英語の翻訳を専門業者に依頼したいときは、後悔しないためにも事前に業者を比較して、満足できる翻訳サービスを提供してくれる専門業者を厳選しましょう。たとえば、英語をはじめとして、中国語やフランス語など、幅広い言語に対応している、豊富な実績を持つ専門業者があります。医療や化学、IT関連といった専門的な分野も安心してお任せできるということで、多くの企業や会社に選ばれているようです。
 しかも、高い品質を低価格で提供していますので、まずは気軽に問い合わせをしたり、見積もりを依頼してみるとよいでしょう。また、実績豊富な専門業者の多くは、スピーディーな対応をしてくれます。専門用語の場合もスピーディーに高品質のサービスを提供してくれるため、急いでいるときも不安を感じることなくお任せできます。もちろん、万全の体制を整えて機密保持にあたっていますので、ビジネスに関わる大切な翻訳も依頼できます。


 英語の翻訳は専門分野別に依頼できるか

 英語に翻訳してもらいたいとき、逆に日本語にしてもらうときなどに使えるのがネットサービスです。文章を入力すると瞬時にそれぞれの言葉にしてくれます。日本語にしたときには日本人に読める文章になっているはずです。しかし実際は何のことかわからないこともあります。
 ネット上で行われるサービスは、直訳になります。データベース上に単語とその訳などがあり、それが機械的に並べられます。文章の意味と合えば文章も違和感がありませんが、必ずしも本来の意図に対応した文章になるとは限りません。もし依頼をするのであれば、専門分野別に依頼ができるところを利用しましょう。文学刑が強い人に経済学系の文章を翻訳してもらっても正しい解釈をしてもらえるとは限りません。分野はより細かい方が適切な文章にしてもらいやすくなります。担当者が多いところを選んだ方が良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP